<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「ザ・コーヴ」上映中止で声明=ペンクラブ(時事通信)

 日本ペンクラブ(阿刀田高会長)は15日、日本のイルカ漁を取り上げた米ドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」について、上映自粛の動きが広がっていることを憂慮する緊急声明を出した。
 声明は、抗議活動を行う勢力に「異なる意見にも耳を傾け、その発言機会を保障しよう」と呼び掛けた。上映を中止した映画館や大学などの施設にも「圧力に屈することなく作品の上映機会を提供できるよう努力を」と求めた。 

<COPD>慢性肺疾患で有識者検討会が初会合 厚労省(毎日新聞)
JR東海、新たに社員80人が不正乗車関与(読売新聞)
行政刷新会議 公益法人仕分け 「府省横断」徹底方針(毎日新聞)
「うるさくて嫌だった」殺人未遂容疑で逮捕の生徒、清心女子高で生徒刺され重体/横浜(カナロコ)
<貸金訴訟>「司法ファッショ」裁判官指摘 返還判決相次ぎ(毎日新聞)
[PR]
by cpie3k4vfp | 2010-06-18 20:56

「参院選、プラスにならぬ」 府県連、首相辞任に厳しい反応(産経新聞)

 参院選を目前に2日、退陣を表明した鳩山首相。しかし、民主党の立候補予定者の陣営や府県連の関係者からは、「プラスにならない」などと厳しい声も上がった。

 民主党公認で大阪選挙区から立候補する新人、岡部まり氏の陣営担当者は「イメージとしてマイナスになるのは否めないが、淡々と夏の選挙に向かってやるだけ」。現職の尾立源幸氏の陣営担当者は「どうしようようもない」とあきらめ顔をみせた。

 民主党京都府連の山本正幹事長は「政治とカネの問題や、首相がリーダーシップを発揮できていない点について問題意識を持っていたので、やむを得ない判断だと思う」とし、参院選への影響について「わからないが、厳しい状況であることに変わりはない」。兵庫県連の越智一雄幹事長は「有権者にとって首相がしょっちゅう代わっていては、参院選のプラスにはならない。首相だけの問題ではなく党の問題だ」と危機感を示した。

 一方、自民党大阪府連の横倉廉幸幹事長は「普天間飛行場問題の迷走ぶりからすると、当然責任をとるべきだが、辞めたからと言って帳消しになるわけではない」とばっさり。参院選の影響について、同党兵庫県連の五島壮幹事長は「首相が代われば、国民は何に対して審判を下せばいいのか分かりにくくなる」、京都府連の二之湯智会長代行は「わが党の選挙戦略も変わってくるだろう」と話した。

【関連:鳩山首相辞任】
[総会詳報]首相「よりクリーンな民主党…『政治とカネ』に決別を」
兄の辞任に邦夫氏「こんなみじめな…耐えられない」
首相「ごめんね…」 閣僚につぶやく
渡部恒三氏「(小沢氏も)観念した。満点だ」
自民・石破氏「投げ出し、無責任だ」

石井一・民主議員宅で現金1000万円盗難 「昨年末まで金庫に…」(産経新聞)
エジプト エジプト・日本科学技術大学が開校(毎日新聞)
資料に名ある男性不明=弁護士殺害―神奈川県警(時事通信)
「心当たり全くない」事務所長の影山弁護士が悔しさにじませる/横浜・弁護士刺殺事件(カナロコ)
土浦湖北高バレー部顧問、女子部員にひざげり 尾骨骨折(産経新聞)
[PR]
by cpie3k4vfp | 2010-06-08 05:20