第2次補正予算案 衆院本会議で与党3党などの賛成で可決(毎日新聞)

 総額7兆2000億円の緊急経済対策を盛り込んだ09年度第2次補正予算案は25日夜の衆院本会議で、民主、社民、国民新の与党3党と公明党などの賛成多数で可決、参院に送付された。自民、共産両党は反対した。与党は参院審議を経て28日の成立を目指す。政府・与党は29日に鳩山由紀夫首相の施政方針演説を行い、2月から10年度予算案の本格審議に入りたい考えだ。

 2次補正は「雇用」「環境」「景気」の3本柱。雇用を維持する企業を支援する雇用調整助成金の拡大や、家電エコポイント制度の延長などを盛り込んだ。国債追加発行額は計9兆3420億円となる。野党の公明党とみんなの党は厳しい経済情勢などを受けて賛成した。

 一方、参院予算委員会は理事懇談会で26、27両日に質疑を行うことを決めた。【近藤大介】

【関連ニュース】
毎日新聞調査:主要119社中、半数強が景気は「足踏み」
自民党:税調が政府批判 経済政策で攻勢
政府見通し:成長率は「1%台前半」 10年度
自民幹事長:補正予算2.7兆円の執行停止を批判
鳩山首相:連合の古賀会長と初会談 連携強化を確認

生物多様性保全で「生きもの委員会」=COP10へ官民でPR−環境省(時事通信)
警視庁警部、電車内で女性の太もも触り書類送検(産経新聞)
<地震>宮崎、鹿児島で震度4=午後4時15分ごろ(毎日新聞)
「黒い雨」国指定地域外にも…広島市が聞き取り(読売新聞)
中国人ビザの年収要件撤廃を=スポーツ観光は強化−観光庁長官(時事通信)
[PR]
by cpie3k4vfp | 2010-01-29 22:15


<< 外国人参政権問題 官房長官「地...